メディカルアロマWEB通信

メディカルアロマで気分転換!

メディカルアロマについて

近年医療関係の現場で大きな注目を集めているものの一つとしてあげられるのが、メディカルアロマです。しかし医療関係の技術がかなり進歩している中でアロマというと、少し不思議な印象を持つ人も多いのではないでしょうか。入用の現場で使われるようになったのは、そう昔のことではありませんが、その効果への注目は大きなものがあります。自然治癒力を高めるということが根本的な目的とされていることから、今までいくら治療しても治らなかった症状にも効くことが期待されています。資格を取るためのスクールもあり、医療のシーンで活躍することは今後も多いのではないでしょうか。メディカルアロマによるメリットはたくさんあるとされていますが、どれも絶対に効果があるというわけではなく、もちろん個人差はあります。しかしリスクがないという点は利点です。

メディカルアロマで自然治癒で体調改善させる

メディカルアロマというのはアロマテラピーを利用した一種の自然対処療法となります。これはアロマから出るにおいの成分を匂ったりなどし、その成分と人間が本来もっている自然治癒力を利用して、心身の体調不良の改善をしていこうという対処療法です。この体調改善をアロマで行う行為は、他の西洋医学での診察でどこも悪くないと診断されてるにもかかわらず、体調がすぐれないといった、特に精神的な疾患などに対して、すでに病院やクリニックなどでも行われたりします。なおこの自然対処療法はフランス式であるとも言われてますが、日本では2015年現在において、この自然対処療法は医療行為としての扱いではありません。なおこれを肌に塗ったりや口に含んだりする行為は、日本ではそれぞれ化粧品と飲食品としての認可が必要になります。このためあくまでも成分を匂って吸う形で実行されます。ちなみにこの自然対処療法を実行するには日本ではそのための資格制度がすでに確立されています。

メディカルアロマと言う治療法

アロマテラピィーと言えば、自宅でも、エステでも頭に浮かぶのは美容のツールではないでしょうか。植物の香りを精油に取り入れ、ボディやフェイシャルに塗ってマッサージすれば、美顔にもなりますし、ボディの血液の流れなども良くしてくれ、美容と健康に役立つ自然療法です。キャンドルなどにも使用され、灯すだけで、気持ちをリラックスさせてくれたり、スプレーにして寝具やお部屋に吹きかけて匂いを楽しんだり、ご家庭などでも手軽に使用でき、今では知らない人はいない位、市民権を得ているのではないでしょうか。そんなアロマも、遂には医療機関と提携して、メディカルアロマとして、人々に認証されつつあります。東洋医学の様な役割も兼ねつつ、アンチエイジングや老化などを未然に防ぎ、促進を鈍らせる役割や、病気になりにくい体質改善などに役立っています。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

*