メディカルアロマWEB通信

メディカルアロマで気分転換!

医療現場でも重要なメディカルアロマ

近年医療業界でも注目されているのがメディカルアロマです。アロマテラピーと人間の自然治癒力を生かし病気の治療を行うという物です。実際に通信教育などでアロマに関する資格を取得することも出来、専門の団体の会員も増えています。誰でも落ち着く香りや逆にあまり良い印象を抱かない香りがあるはずです。嗅覚を元にして自分の落ち着く臭いを探し当てて香水を付けたり身につけるものに気を遣ったりするのと同じように医療現場でも利用しています。特にうつなどの精神疾患を持つ人に対して気分を落ち着かせて病気の回復に役立っています。またオイルを使ってアトピーなどの皮膚の疾患にも対応する事が可能です。一見医療とは関係のない資格にも思えますが病気の改善になり、医療行為として認識されるので立派な医療系の資格でもあります。アロマに興味のある人はメディカルアロマセラピストを目指すのも新しい進路への第一歩になります。

メディカルアロマはしっかりした技術です。

メディカルアロマはしっかりした技術です。アロマというと何となく趣味の世界のような感覚があると感じるかもしれないです。しかし、実際には医療現場で実践するべき技術として認知をされてきているといえます。もちろん出発点はアロマテラピーです。ここから学んでいくことが非常に大事になってきます。最近ではそういうところから実際に知識と技術を教えてもらえる講座も多く開催されてきています。国際的な認定資格というものもあり、具体的で実践的な技術として認識されるようになってきています。とはいうもののメディカルアロマに関係している人が多いというわけではないです。そのために今がチャンスになっているということになります。これは、本当にタイミングとしては素晴らしい時期だということになります。それをしっかりと考えて動くことが大事です。

治療の一環としてのメディカルアロマテラピー

東洋で漢方薬が自然由来(生薬)の治療方法として活用されてきたように、西洋でもメディカルアロマテラピーという形で自然由来(植物から抽出した精油)の治療方法が活用されていました(メディカルアロマテラピーはフランス発祥です)。フランスやベルギーで特に治療への活用が盛んで、医療の一部として認められています。治療方法といっても、病気を治すというよりは、病気の前の状態から改善していくという目的で行なわれます。日本でも1990年代以降から徐々に医療の一部として取り入れられはじめ、日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)という団体が結成され、啓蒙、普及、研究成果の発表しています。この治療が他の治療方法と一線を画しているのは、この治療を行なうのが専門家だけでなく、正しい知識を持つことで、親が子供にも安心して使うことができる、民間医療としての役割が期待されていることです。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)