メディカルアロマWEB通信

メディカルアロマで気分転換!

治療用として使用されるメディカルアロマ

メディカルアロマとは、よく用いられているアロマテラピーとは違い、医療用として用いられているアロマテラピーのことです。よく聞くアロマテラピーは発祥地がイギリスですが、メディカルアロマは発祥地はフランスという、発祥地だけでも異なる点があります。また、フランスやベルギーでは医療用として認められており、その効果が認められています。メディカルアロマも精油を使用します。しかし、通常のリラックス等を目的としているのではなく、自然治癒力を高めるために使用されます。つまり、精油自体に病気を治す効果があるのではなく、治療用の精油を使用することによって、自分自身の自己治癒力を上げ、病気を治す手助けをする、という治療法です。皮膚疾患やうつ病などに効果があるとされ、精油によって治療を手助けをする、ということで用いられています。

医療の現場で使われるメディカルアロマとは何なのか

メディカルアロマとは今日、人間が生まれながらに持つ自然治癒力を高めるために取り入れられ、医療現場でも使われているアロマテラピーの事をいいます。では具体的にどんな効果があるのでしょうか。もともと、アロマテラピー自体が最近メディアでもよく取り上げられるくらい有名になっています。最近テレビを見てアロマに興味を持ったという方も多いのではないでしょうか。アロマの効果は国ごとで違い、例えば人間が生まれながらに持つ自然治癒力をあげたり、リラクゼーション効果を高めたりというものがあります。これらは日本にも入ってきているので有名なものであると考えています。要するに日本では医療行為としてなされているアロマテラピーも外国から見たら、民間療法になるということです。少し興味を持ってもらえたでしょうか。アロマセラピーとは何の変りもないのでぜひ安心して受けてみてください。

メディカルアロマは理にかなったものだと思われます

人間は薬を使わなくても痛みを取ったりすることができる部分が多いです。たとえば腰痛は足つぼを押すと勝手に治ったりします。このようなことはアロマでも起こることだと思われるわけです。アロマをうまく使えば自然治癒力がアップして自然と痛みが消えたりするわけです。メディカルアロマは医療の部分で使うアロマです。これを使えば自然治癒力がアップして病気が速く治ると言うわけです。これはすごく理に適っていると思われます。医療部分でアロマを使えばその効果があることは十分に考えられるわけです。この考え方はこれからますます広まっていくと思われます。自然治癒力のアップを図るわけですから副作用は考えにくいです。だから安全であることになります。科学的医療と自然治癒力のアップの両方で病気に対応すると言うことになります。アロマの利用が広まってきたと言うわけです。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)